友衰の関係 〜フィーリング、大学のサークル、ネバーランド〜

友衰の関係 〜フィーリング、大学のサークル、ネバーランド〜

気をつけないと、ネバーランドに取り残される…友衰の関係

【はじめに】

宿曜占星術の醍醐味は「生年月日から宿を割り出し、一生変わらない周りの人との関係性」を明らかに出来る点です。

相性の種類には以下の6つがあります。

(めい。自分と全く一緒の宿。)
業胎(ぎょうたい。前世のカルマ。シンクロ)
栄親(えいしん。クリエイティヴィティ)
友衰(ゆうすい。フィーリング)
安壊(あんかい。スクラップ&ビルド)
危成(きせい。ギブ&テイク)

実践で占う時には栄親、友衰、安壊、危成には「距離」という概念が加算されます。
これは単純に宿同士の距離の事で「縁の強さ、引き」を知る事が出来ます。
(距離には 【近距離・中距離・遠距離】があります)

自分の本命宿はコチラから調べることができます。

友衰の関係

自分の本命宿から見て、左周りに2、11、20つ隣の宿は、自分にとって【衰(すい)】の相手
自分の本命宿から見て、右周りに2、11、20つ隣の宿は、自分にとって【友(ゆう)】の相手

自分にとって衰の相手は「あなたが”惚れ込んでしまいやすい”」相手であり
自分にとって友の相手は「あなたが”友達として”心置きなく付き合える」相手です。

「永遠の恋人星」と呼ばれる相性です。

友衰は良くも悪くも「癒しの関係」です。
お互いに好きなものや趣味が似ていることが多いです。
そして相手の世界観を簡単に理解し、意気投合して「恋人関係に自然な形で至る」といったことが多いですね。

友人、家族、恋人…どんな関係性でもそうですが、「心置きなく安心して飲める、飲み友達」のような相性で、一緒にいると摩擦が少ないので、喧嘩も少ないのではないのでしょうか。

私はよくこの友衰の関係を形容するときは「大学時代のサークルのようだ」という表現を使います。
なんの目的もないけれども、自然と集まって他愛もない話をしたり、だらだらと何日も友達の家で飲んだり…

ある種の「ネバーランド的な何か…」がこの関係性にはあります。

「ただただ、気持よくて心地よくて楽しい、、、けれど…なんの生産性もないかもしれない…」

と気がついてしまうと、この関係性から離れる時が来てしまいます。
気をつけていないと「ぬるま湯な関係」に非常になりやすいのです。

特にこの友衰の関係で気をつけたいのは「実利の伴う仕事をする時」です。
ビジネスを行うときは、この関係性に気をつけましょう。
というのも友衰は「その場の雰囲気で盛り上がって(フィーリング)後先考えずに仕事をしてしまう」という特徴があります。
「意気投合した!」と思っていざ実践的な仕事に取り掛かってみると、「あれ…なんかうまくいかないな…」といったことがしばしばあります。

弱点が似ているんです。両者とも似たようなことに興味を持っていることが多いので二人を補完する動きが少ないのです。

「音楽」「映画」の趣味がだいたい似ています。

友衰の関係を四大元素(エレメント)火・地・風・水で例えるのならば、
友衰は水(water)のような癒着力を表します。

水は「愛」「包容力」「癒し」象徴ですが、あまりにも水をあげすぎても、陽が当たらなければ植物は育たず、やがて根っこは腐ってしまいますよね。

とても心地いい「水」の関係を作ることができますが、人間特有の感情たちで「びちょびちょ」といったことにもなりかねません。

特に、自分にとって【衰】の相手には要注意かも。
あなたが一方的に時間やリソースを貢いでしまう可能性もあるでしょう。

友衰の関係の素敵なところ

友衰の関係はネバーランドのように楽しく、安心できる仲間がいて、いつまでも子供のように振る舞える、守られた空間です。

ノリが似ているので、お酒を飲んでいる時や無邪気に遊んでいる時の二人はとても楽しくエキサイティングな状態にあることでしょう。

恋人同士の場合「付き合いが長くなりやすい」のも特徴です。
まるで空気のように生活に馴染み、お互いの外での仕事のストレスを内側で”癒しあう”事ができるでしょう。

(この関係で多いのは「大学時代から通算して5年以上付き合っています」という方々です)

この関係はどちらかが「離婚経験あり」や「恋に深く傷ついた経験あり」だと友衰の関係の癒しの効果を体感しやすく長続きするみたいです。

友衰の関係の注意したいところ

楽しいのは分かりますが「あまり一緒にいすぎない」というのが大切です。

この関係は癒しを与えますが、ある種の「現実逃避」的な側面を孕んでいます。
仕事では「机上の空論」になりやすいですし、恋人関係では「楽しいけれど、結婚するきっかけが掴めない」といった【形にならない!!!】といった事態が起こりやすいです。

良くも悪くもやっぱり【水】の相性なのです。

マンネリにもなりやすいので、定期的に「刺激」を投入することも大切。
じめじめとした関係になる前にお互いが別々の人間関係を築くなど、新しい風を送り込むようにしましょう。

基本的には癒しの関係であるので、あまり【甘えすぎない】というのも重要ですね!
「フィーリング」「癒し」「ネバーランド」といった言葉が似合う友衰の関係です。

#
#
アイビー茜のルナモンスター占い 2015年2月4日発売書籍
アイビー茜の
ルナモンスター占い
Amazonで購入する